06-6720-2179

工場の照明を替えました!

工場の照明を替えました!
Pocket

LED照明灯の価格も安くなったので
水銀灯からLED灯に交換しました!
いや、電気工事屋さんにしてもらいました!

開業した当時(4年前)は日本メーカー製で1基8万円ぐらいしたLED灯
今は選んで買えば1灯1万円ぐらいで購入できます。
何故今替えたん?
水銀灯は年々、光量が減少していきます。
毎日使ってるのでそんなにわからないですが、
測定器の目盛り見にくくなったりして精度が落ちてしますのは嫌なんで…
それと2020年に製造が中止になり水銀灯が無くなっちゃうからなんです。
ってパナソニックさんのHPに書いてました!
今のうちに対策しておかないとですよ!

そんな事でいつもお世話になっている電気屋さんに相談したらまさかの
Amazonのサイトをプリントアウトした用紙を持ってきてくれて
「Amazonの方がバリエーションも豊富で安いですよ!」
って。そっそうなん?てっきり電球持って来てくれるのかと思ったら
まさかのAmazonを提案してくれました。
電気屋さんの他のお客さんもAmazonで買ってそれを交換したみたいで
安いけど特に問題なく使用できるとのこと。
確かに電気屋さんも注文の手間も減りその分他のことできますしね。
って事で早速注文しました。LED灯と水銀灯の違いはこんな感じ

上が水銀灯、下がLED。
水銀灯はほぼガラスで割れると危険ですが
LEDはアルミとプラスチックで出来ているので
万が一落ちて来ても被害は少なそうです。
Amazonで本当に沢山の種類があって悩みますが
電気屋さんのオススメを選びました。
9990円!!安すぎです!
4年前とは価格が全く違います!
そうそう、もちろん日本メーカーのLED灯じゃないので
信頼度は低いですが…そこは自己責任で。
電気屋さんの他のお客さんの実績を信用して
試験的にとりあえず1基だけ取り付けてもらいました。
こんな感じです。

光の色も比べてみました。
買ったLEDが昼白色(5000K)で自然な色のLED灯です。
水銀灯は目で見ると白っぽいんですがカメラのレンズを通すと
緑っぽくなっちゃうので、研磨加工品をアップすると色が変になってました。
でもLED灯に交換したら目で見る色と同じ色!
これでしっかりと加工事例、普段の工場の事をお伝えすることができるようになりました!

次は温度。
水銀灯はかなりの高温で発熱しますがLED灯はあまり発熱しません。

簡易の表面温度測定器で測ってみました。
結果はこんな感じです。
水銀灯はなっなんと!100℃超え!半端ないっす!
それに比べてLEDは22℃くらい。
両方とも点けて1時間ぐらいの時に測ったのでLED灯は
もうちょっと温度が上がるかもしれないですが
この差はすごいです!
温度管理が大切な僕の仕事では大きな差です。
夏もエアコンがあまり効かなかったのはこれも一つの原因かもしれません。
今年の夏が楽しみです。
そんな最後に点灯時間の動画を撮ってみました。
水銀灯はじんわーり点きますが、LED灯は瞬時に点きます。
電気代ですが実質の金額は分かりませんが
水銀灯1基400W。
LED灯1基80W。
光量は変わらずで、1/5の消費電力なのでかなり省エネかなと思います。

残り3基も電気屋さんに交換してもらいたいと思います!

会社Facebook個人FacebookTwitterインスタグラムYouTubeも更新中!!ぜひ!いいね!チャンネル登録もお願いします!

Pocket

仕事カテゴリの最新記事