06-6720-2179
今まで研削加工した製品集
Pocket

今まで研削した製品を紹介したいと思います!

こんにちは。飛行機(ANA)が大好きな高山です!

まずその製品を研削してくれる2台の機械を紹介したいと思います。
まずは2015年4月に開業を共にした2015年製まだ3歳の若さ!!
3歳やのに全長6m弱体重約5t(トン)のなかなかの大柄!

シギヤ精機製 円筒研削盤「Gー40」
φ390×L1500(外径390mm×長さが1500mm)最大重量150kgまで加工可能!
続いて中古で買った1984年製 34歳 中年の星!!
全長2m程で体重も2t弱の中肉中背

シギヤ精機製 円筒研削盤「Gー30」
φ290×400 最大重量は不明ですが、
「もうおっちゃんなんで軽いのがいいなぁ。」との事です!
そんな2台についているのが0.001mmが目で確認できる
マグネスケール社製 その名もそのまま「マグネスケール」を
取り付けていますので精度はいいです!
この2台が加工してくれる製品がこちら↓
左上から右回りでブログにも書いたバイクの部品、車、何かの商品などを作る
機械(工作機械)に使われる細長ーいシャフト、
印刷機の印刷する面、紙を送ったりするのに使われるローラー、
本当に何かに使われるかわからない中が空洞(パイプ形状)の製品

左上から右回りで、何に使うかわからないでっかいロール、次も0.01mm台で段差が付いているロール、
メッキという表面処理を
した後の研削でピカピカにしたロール、鉄板を打ち抜いたり
金型を固定する柱の役割をする結構重要なピン。
など様々な部品を研削加工させていただいています。

さっきから「何に使うかわからない部品」って言ってる製品もありますが
そうなんです「社外秘」の製品が多いので僕もわからない製品とか結構あります。
これはこれに使うのかな?とかを想像しながら研削しています。

でも研削業ってこんな仕事なんです!って言うのを知ってもらい
皆さんに興味を持ってもらいたいので社外秘などの観点から
わかりにくーい写真が多いとは思いますが色々アップして
研削業の楽しさなんかに興味を持ってもらいたいと思っています!

研削で何か面白い物が研削出来たらいいなあって
思ってるのですが、旋盤、フライスと言った機械は鉄を1から加工できるのですが
研削機械はそんな設備じゃないので1から面白いものは作れないですが
何か面白いのがあるかまだまだ考え中です。

まずは皆さんに町工場、ものづくり系ではめーーっちゃマイナーな研削業を
少しでも広められたいいなぁって思っています!

普段の生活には全く接点のない仕事ですが
僕は研削業の国家資格も持っていて少しは専門知識もありますので
普段の生活の鉄関係の疑問、何かマニアックな質問があれば
いつでも質問してくださいね!

会社Facebook個人FacebookTwitterインスタグラムYouTubeも更新中!!ぜひ!いいね!チャンネル登録もお願いします!

Pocket

加工事例カテゴリの最新記事