06-6720-2179
溶接と塗装が体験できる「町工場体験ツアー」
Pocket

先日、MACHICOCOさん主催の「町工場体験ツアー」に参加し、小さい棚「ちょい棚」を作りました。

こんにちは。飛行機(ANA)が大好きな高山です!

町工場体験ツアーって?

・溶接工場さんと塗装工場さんを周り、「小さい棚(ちょい棚)またはペン立て作り」
・板金工場さんで「カトラリー作り」
・石材屋さんで「表札作り」

と町工場を参加者自身で周り、一つの物を完成させるというツアーなんです。
そのツアーで僕はちょい棚作りの丸一日コースに参加しました。

午前は溶接工場さん

この日は朝10時に溶接工場さんへ集合。
溶接を体験させていただけるのは「株式会社松下工作所」さん

溶接なんて工業高校の実習以来およそ20年ぶり。

しかも今回使用する「※TIG(ティグ)溶接」は初!
(※TIGとはタングステン鋼とイナートガスを使用した溶接方法の事です)

先生は溶接職人さんの迫田さん。

溶接で丸棒とブラケットをくっつけ、棚の柱を作ります。

まずは保護具の着用。
前掛け、腕カバー、手袋、もちろん溶接面。
全て貸してもらえます!

なので、参加する時は動きやすい服装ならOK!なんです。
今回僕は仕事中に参加したので作業服でしたが、半そででも大丈夫!
って事で気軽に参加できます。

まずは迫田さんの見本。当たり前ですがめっちゃうまい!

「ハイどうぞ」と溶接する「トーチ」渡されてめっちゃ不安ですが、
大丈夫!迫田さんがやさしくサポートしてくれます。
1時間ほど溶接をしてようやく完成!

初めは恐る恐るでしたが、慣れてきていい感じで楽しみながら溶接ができました。

午後からは塗装と組み立て

午後からは塗装工場の「双葉塗装株式会社」さんで午前中に溶接した柱を塗装します。
ここでも職人さん直々に教えていただきながら塗装していきます。

教えていただくのは田辺さん。

ここでも保護具を貸していただけるので安心!
活性炭入りマスクを着用するので塗装特有の臭いもほとんどしません!

まずは見本を見せていただきます。やっぱりすごい!

この後、一斗缶で練習。
腕の送りが遅いと塗料が垂れるし、早いとしっかり塗れない。めっちゃ難しい。

ここでも何度も職人さんにサポートしていただいて、なんとか塗り終わり。

塗装が剥げないよう焼き付けを行います。
アクリル塗装なので170℃に焼き付け炉を加熱し焼き付け。

30分後完成!めっちゃいい感じの「艶なしブラック」に仕上がりました。

MACHICOCOさんで組み立て

完成したちょい棚の柱を持って「株式会社MACHICOCO」さんへ。

ここで好きな長さの木材を切り、ねじ止めし、完成させます。
好きな長さと欲張って長すぎると「たわみ」が発生し棚として使えなくなるので要注意です。

ここでも「ハンドソー」という専用機を使用し木材を切断。

サンドペーパーでヤスリ掛けし取り付けます。
DIYの要素が入っているのでセンスが問われますwww
DIYは好きだけど、苦手なのでネジをポロポロ落としてしまっていますw
でも大丈夫!ここでも戸屋さんが優しくサポートしてくれます。
ってことで無事完成!


丸1日の体験でしたが、めっちゃ充実してあっという間の1日でした!
まだ色んな体験があるので参加してみたいと思います。

会社Facebook個人FacebookTwitterインスタグラムYouTubeも更新中!!ぜひ!いいね!チャンネル登録もお願いします!

Pocket

仕事カテゴリの最新記事